カスタム研究所

Custom Laboratory

OCNモバイルONE:OCNの神対応と塩体制

time 2015/09/23

sponsored link

カスタム研究所【ネットワーク】OCNモバイルONE:OCNの神対応と塩体制

PINロックに困っていたところ(詳細は前記事で)、祝祭日にも関わらずOCNテクニカルサポートからメールが来ました。

連休中なので5日間は使えないだろうと覚悟していたLyにとっては、まさに神対応です。


PINロック解除コード(PUKコード)につきましては、
通常、下記の専用フリーダイヤルにて発行を承っております。

■OCNテクニカルサポート

フリーダイヤル 0120-047-246(ガイダンス1番)
受付時間 毎日 10:00~18:00(年末年始を除く)
※携帯・PHSからもつながります

本件に関するお電話の窓口は、上記以外の窓口を設けておりませんので、
お客さま側からお電話ができないということであれば、
今回は本メールにてPINロック解除コード(PUKコード)の
発行をお承りいたします。

つきましては、以下の情報をお書き添えの上、再度こちら
support@ocn.ad.jp>までお知らせくださいますようお願いいたします。


やっと「PINロック解除コード(PUKコード)」が入手できたので、なにわともあれロック解除を行います。

 

まずはZenFone2にSIMカードを挿して起動。
入力画面に8ケタ(数字のみ)のコードを入力してOKをタップ。
001

「もうPINコード間違えるなよ!」と怒られ気味に「新しいPINコード」の入力を求められます。
002

すると「もう一回入力してみ!間違えんなよ!」と、またまた怒られ気味に「新しいPINコード」の確認入力を求められます。
003

無事に繋がりました。

ちゃんと「NTT DOCOMO」の表示も出ています。
004

良かったぁ♪


ところで、

今回OCNからのメールで助かったのは事実ですが、
もしLyがOCNの問い合わせフォームに手当たり次第にメール送信しなかったら?

 

たぶん連休明けまでの5日間は一切通話できなかったでしょうね。

 

OCNのヘルプページを何度も見返しても、OCNテクニカルサポートのメールアドレス<support@ocn.ad.jp>は記載されていません。

 

OCNモバイルONEの問い合わせ窓口は「フリーダイヤル」しか表記されていませんので、
休日や夜間なら大半の人が「平日まで身動きとれない」と諦めるでしょうね。

 

フリーダイヤル以外に「メール窓口」も用意されているのに、ヘルプページには表示しない。
こういう「不親切?意図的な隠蔽?」的なアナウンス方法は良くないですね。

 

今回の件で「OCNの担当者は親切だけど、企業姿勢は塩体制なんだな」と痛感させられました。

 

sponsored link

ぬこ



sponsored link

カスタム研究所

カスタム研究所
@clabtokyo

  • JUJU - hero #51 https://t.co/7xKkfgstn0 #夜の果て #hero #51 #ねえ #春雪
    about 29分 ago
  • au Qua tab 02 HWT31:アップデート情報 https://t.co/ghdjaWuQLS https://t.co/c2YlpEcPVA #ヨドバシ #一括0円 #au #line
    about 1時間 ago
  • コスパ最強?:Qua tab 02 HWT31 https://t.co/ibYhaXRLKU #otg #不要アプリ #デレステ #ヨドバシ
    about 2時間 ago
  • Fiimo開通の儀(mineoとの速度比較) https://t.co/RoP9b42amT #kddi #LINE #キャンペーン #mvno
    about 3時間 ago
  • m-Stick MS-NH1をWin10化→修理行き https://t.co/Dppi6U0tuk #bios #Intel #スティック #Outlook
    about 4時間 ago